2006年04月14日

スタートライン

やっと うちの近くの桜が満開になりました

上着ナシでも十分外で過ごせる陽気も多くなり
春だなぁ。。。と 感じることが出来ます。


春。。。といえば 何か 新しいことが始まるような気がして
ワクワクしませんか?

このたび 私 すみれも 新しいスタートを切るべく
このブログを卒業したいと思います。

そして あきとすみれもステップアップするために 
しばらくの間 お休みすることになりました。
別れるわけではありません。





あきと出会い その思いをどこかに吐き出したくて
ひそかに始めたブログでしたが、 当時のあきのブログの流れから
あきのブログの読者の方の目に触れることになり
そこから また たくさんの方に読んでいただくようになって
気付けば 1年半ちょっとで アクセス総数 
10万を超えるまでになりました。

その間 いろんなことがあったけれど あきをはじめ
コメントをいつも下さるメンバーの方、コメントをいれないまでも
ずっと読んでくださった みなさんのおかげです。

本当にありがとうございました。


実は ブログを辞めようか と思い始めてから
ずいぶんと日が経ちます。

自分の中で この 「恋のお話」 の存在する意味合いが
いつからか 変わってきたのです。

そして それを決定付けたのが 
今回の あきの病気の再発 でした。

ここにも 書いてきましたが あきは以前からの持病を再発し
入院 手術となりました。
生存率が低い中 無事 元気に退院することが出来て
心から 嬉しく思っています。

あきから 入院した と連絡が入ったとき
このことが 私たちに大きな影響を与えることは
十分 想像できたことでした。

これから先、連絡をとることが 容易でなくなることも
このことで 私の置かれる状況が大きく変化することも。。。

そんな中 あきは 私にそれからもメールを病室から送ってくれました。

すごく すごく 嬉しかったです。。。

そんな状況でも 私を思ってくれてるんだ。。。

そう 思うと 嬉しかった。。。

だけど 心のどこかに ずっと ひっかかるものがありました。

そのときは それが なんなのか 全くわからなかったけれど
でも そのことよりも あきの病状などが気になって
私なりに 一生懸命 あきの回復を願いました。

無事 退院し あきは 自宅療養に入りました。

退院直後ということもあり 常に ご家族の方が
あきのそばにいらっしゃる状況で それでも 

「こんな状況だから なかなか連絡できなくて ごめんね」

という内容のメールを何度となく 送ってきてくれました。

これは 入院中も 同じでした。

そうやって 連絡を取ることが難しい状況の中でも
あきは 私が安心するように。。。と メールをくれていたのですが
どこかしら 素直に喜べない私がいて 
いつも 心のどこかに ひっかかるものが取れないままでした。


そして 退院後 あきから 送られてくるメールには
元気で過ごしている様子が 書かれていて 安心したのだけれど 
明らかな 違和感を感じるようになりました。

私を安心させようと送ってくれるメールなんだろうけれど
そこには 私の存在を感じられないのです。

たかが メール。。。 されど メールです

同じ文章を書いて送ったとしても 気持ちの違いは伝わるもの。。。

すごく寂しくなりました。
そして いろいろ 考えました。

この現状の中、あきは 精一杯 私を気遣ってくれているのに
これ以上 何を望むことがあるんだろう。。。

あきの気遣いを 素直に受け入れないのは 私のワガママなんだ

そんなことは 十分 わかっていたことなのに。。。と。



でも。。。。


最初は ただの「かまって病」かと思っていたけれど
でも自分の中では どうもそれも違うような気がして
どうしていいかわからず そのときの気持ちで あきに 伝えたのです。


そのときに ブログを休むことも 伝えました。
今までとは違う感情のまま 更新していくことが
出来ないと思ったからです。

今まで 仕事やいろんな状況の中で 休むことはあったけれど
自分の意思で 休もうと思ったのは これが初めてでした。


私が ずっと大事にしてきた場所
あきとの時間が たくさん詰まった大切な場所

そこを休む。。。

それは それなりに私も覚悟がいることでした。

だけど あきとの今の状況を考えると 何かを動かさなきゃ
ダメになりそうな想いが段々と大きく膨らんでいきました。

はっきりとした気持ちの整理がついていなかったけれど
あきにそのときに思った 寂しいという感情を伝えると。。。

あきから

ゆっくり話せるといいけれど 今の状況では無理なので
少し時間をください。
でも 決して 悪い方向には考えないでね
環境があまりにも 変わりすぎて
今は すみれを正面から見れていないんだと思います。
すみれがブログを休むように 俺にも休みをください。
これは これからの二人を考えると必要な時間だと思うから。

と 返事が来ました。

正直 「やってしまった。。。」 という想いと
「これで よかったんだ。。。」 という想いとが交差して
とても 辛かった。。。

無理をしてでも あきが気遣ってくれることを 
そのまま 受け入れ続けていたら。。。。

そう 思うこともありました。
だけど それでは いつか きっと あきも疲れきってしまうし
私も そんな状況にずっといられない。。。

ダメになってしまうまでに なんとかしよう。。。


そう 思ったときに アップしたのが 消してしまったけれど
「お知らせ」 という記事です。

今まで 何度か中傷コメントをもらうことがありました。
弱ったすみれを見せると 待ってました!とばかりに。。。
だから あの記事をアップしたら また叩かれることは
十分 想定できたことだけれど あえて 私はアップしたかった。。。

自分のブログなのに 書きたいことが書けないなんて。。
という思いと そして
自分の大切なブログだけれど 
どこかで 壊したいという気持ちも あったから。。。

案の定 コメントが入ってました。

でも そのコメントは 私の中のどこかに存在する言葉のようにも感じ
最初 残すことも考えたのだけれど やっぱり 消しました。

やっぱり グサッと突き刺さるものがあったから。。。
この辺が 弱いところですね。。。


なんだか ずっと心に残るモヤモヤがすっきりしないまま
あれこれ動かしてしまって 結局 自分で自分の首を絞めてしまった。。。


でも今 本当にブログを休んだら 中傷に負けたことになる

そう思って 今までのように 更新頻度は少なくても 
辞めないでおこう と一旦は思い直したのです。



すると 次の日 あきから 長い長いメールが来ました。

そこには 今の あきの素直な気持ちが綴られていました。



今回 いろんなことを考えたこと

自分は 今まで 余裕があったから すみれを気にかけられていただけで
病気になってしまえば すみれ一人安心させられない器だということ

それなのに ブログでは 「あき」という人物が一人歩きし
現実の自分とのギャップを常に感じていて イヤだったこと

そして それが原因で ブログが書けなくなったこと

そして すみれから まだ時々 自分に対する「依存」が見えること
それが 今の自分には荷が重いこと

だからしばらく 時間がほしいこと

でも これは 別れではなく 元気になるまで 待っててほしいこと


要約するとそんな感じです。



読み終わった途端。。。
心にずっとあった モヤモヤが消えていくようでした。

あきに最初 今回のことでメールをしたときに 
「私のことを もう少し 気にかけてほしい」的なことを書いたけれど 
よく考えてみると 本当に 寂しかったのは
まだ あきに私はその程度のオンナだと思われていることだと
わかったのです。

そんな連絡できない程度のことが まだネックになるんじゃないか
って 思われてる。。。
そんなことないよ って 何度言っても 
安心して あきが療養できる状況になっていないこと。。。

そんなんじゃ ダメだ。。。


あきが思う恋愛の形を私がちゃんと持っていれば
入院先の病室から 何度もメールしなくてよかったはず
そして 余計な気を遣うことなく 安心して
あきは 治療に専念できたはず。。。

自分が情けなくなりました。


そして ブログに対してでも。

あきが 現実の自分とのギャップを感じていたように
私もまた ずっと同じようなことを考えていました。

ごく少数の方たちから・・・だけかもしれませんが
理想な二人だと思われていることが プレッシャーでした。
でも そう思われることが嬉しかったことも否めません。

書いていることに 嘘偽りはなくて
思ったままを書いてきたから あきのことが読んでくれる人に
「ステキな人」だと思われるのは当然でしょう。

でも 私は かっこ悪いあきも大好きなんです。

いつも会うと 同じところに ひげの剃り残しがあるところも
ガウンの間から オ○ン○ンだけのぞかせて寝ちゃうところも
おっぱい掲載してるおねぇちゃんのブログに
鼻の下のばしながら コメント入れてるあきも。。(笑)

だけど そんなこと 書かないもんね。。。


私も アクセスが増えるごとに
みんなが持ってる「あきとすみれ」のイメージを
壊しちゃいけない。。って どこかで思っていたのと
あきが楽しみにしてくれているので 
あきが喜ぶように。。。あきが「合格」くれるように。。と
あきの目を気にして 書いていた部分もありました。

書いてきたことは すべて 私が感じ取ってきたことだけど
それを表現するのに 言葉を選ぶようになりました。

そして 私も段々と 書けなくなっていきました。




何度も「遠距離は私たちの障害ではない」と
言ってきました。

だから あきに安心してもらうために そして
私が安心するためにも 「恋のお話」は
あきへの想いでいっぱいにしておきたいと思っていました。

最初はそれで よかったんだと思います。

だけど 年月が流れて それだけがいいことじゃないって
気付くべきでした。

メールでも ブログでも 逢えない分 あきへの想いを
いっぱい いっぱい 込めました。
たとえ10分でも声を聴くとか 肌に触れるとか
出来る二人なら 言葉にしなくても 伝わるものがあるだろうけど
ソレが出来ないのなら そういう方法をとることが
いいことだと 思っていました。

でも 本当は 違うんですよね。

メールの回数や内容 会う頻度なんて
「想うこと」 になんの関係もないんですよね。。。

もちろん それはそれで 大切な愛情表現ではあるけれど。

そのことを頭では わかっていたつもりでも 
本当の意味で理解してなかったのかもしれません。


そうやって 無理してブログを続けていくこと

それは「愛する」とか 「想う」 ってことを
どこか履き違えてしまって いつしかそれが
「依存」 とか 「執着」 に変わっていたんだと
わかったんです。

だから これからの二人のためにも
この「恋のお話」を手放す必要があると 想ったのです。


あきの素直な気持ちを聞くことができ
そして このブログを辞めることを決めたとき
寂しさが全くなかったといえば嘘になるけれど
どこかしら ワクワクしている私がいました。

それはきっと 変な「執着」を捨てられたから。



あきが治療に専念している間
私も4月から始めたことを がんばってやろうと思っています。
何を始めたかは ちょっと言えないんですけど
体を思い切り動かすことです♪
(ジム以外に。。。です♪)
来月には 仕事に関する勉強をするために 研修に行く事も決めました。



今 ようやく スタートラインに立てた気がしています。



あきが言ってくれた言葉

「二人は背中がくっついてたんだね。。。」

神話を例えて 言ってくれたことだったのだけど。

ずっと 背中をくっつけていることは はたから見れば
いいことに見えるだろうけど
私たちは 血の通った人間で ずっとくっつけてたら
汗もかくし かゆくなったりもするだろう(笑)
そしたら その背中を離し、汗を拭き 痒いところを掻いて
さっぱりしたら また くっつければいい。

今は そんな想いです。


すっごく長くなってしまったけれど。。。

最後まで読んでくださって ありがとうございます。
文才がないもので うまく書けませんでしたが
私の想いが みなさんに伝わると嬉しいです。


ここは辞めるけれど お邪魔しているブログには
また すみれとして コメントさせていただくと思います。
そのときは 今と変わらず 宜しくお願いしますね!!

そして 私は書きたいことを書けるブログを
どこかで ひっそりと やって行きたいと思います。

超さみしがりやの私なので 仲良しのみなさんだけでも
新しいところ お知らせしようかとも思ったのですが
それだと 結局同じことの繰り返しになりそうなので
辞めておきます。
もちろん あきにも 知らせません。

あきも言ってたけど「全て知ることがいいことじゃない」から。




恋のお話 第1章は これで幕を閉じます。

そして しばらく充電して また新しい 
恋のお話を始めたいなと思っています。



今まで 二人を見守ってくださって
本当に ありがとうございました!!


















posted by すみれ at 04:58| Comment(13) | TrackBack(0) | 想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すみれさんが一瞬アップした『お知らせ』の記事を見た時から、いつかこの日が来るのかも・・・と、思ってはいました。
でも、すみれさんに元気出して欲しくて、内緒で『愛人の立場』という記事を書いていました。
(お知らせするのは躊躇したので、すみれさんが読まれたかどうかすみれさん向けに書いたかどうか汲み取って頂けたかどうか、自分は判ってないのですが・・・)

でも!何事も適度なお休みは必要ですよね。
ゆっくり休んで、お二人が色々な『余裕』を持てるようになれた時、また違う恋のお話が始まりますよね。

今まで、楽しいブログを読ませてくれて、ありがとうございましたm(__)m
すみれさん&あきさんと知り合えて、私は楽しかったです♪

今後も、お時間あったら、私のブログに遊びに来て下さいね(^0^)
Posted by at 2006年04月14日 10:11
了解です!

すみれちんの、決めた
「これから」に
幸多きことを祈っています。

すみれちん、すみっぷさんからの
コメントはいつでも歓迎しますので。
Posted by ねーさん。 at 2006年04月14日 19:53
すみれさんの気持ち
良くわかりますよ!
『書きたいことをかけるブログ』
その気持ちも良くわかる!
私も
同じような気持ちで 
以前のブログやめたから・・・
い〜じゃないですか!
新しい出発なんて!何度してもいいんだし
また立ち止まって振り返ってもいいんだし
かっこ悪くてかっこよい!
私が好きなパターンです(笑)
人間らしくていいんです
今後も どうぞヨロシクね!

Posted by ヒカル at 2006年04月14日 20:01
 正直ね・・・「休みたいときに休めばいいんだよ」って言えば言いのだろうけど・・・なんかそれも言えない。。。

 でも「意味がない」のに続けるのはよくない。

 俺はきっととっくに自分の今までの恋愛で「ラブラブな関係はいつか休憩が欲しくなるか、別れたくなる」って思っていたんだ。

 だけど二人は違うと思っていた。

 だって俺は俺なりに二人の全てを見て、そう思ってたつもりだったから。

 愛し合うからこそ轢かれあうからこそ・・・いつまでも。

 そうずっと思っていたし、今でもそんな恋愛を望む自分がいるのも事実。

 だけど「当人・当事者しかわからないこと、気持ち」があるのも事実。

 今は二人の「それ」を素直に受けとめて、心からまた二人の「ラブラブ」が見れるよう心から祈っています。

 俺が言うとまた暑苦しいかもしれないけど・・・

 俺は二人のことが大好きだよ。。。まじで。。。

 二人とももう子供じゃないからね・・・。。

 二人にとってすばらしい休憩になること・・・ず〜っと祈念しています。。。

 また必ず逢おうじゃないか!!!
Posted by きむまこ at 2006年04月14日 23:40
偶然「恋のお話」を見つけたときから何故か目が離せなくて
今までずっと遊びに来させて貰っていました。

これからのお二人を応援したいけど、
それでもやっぱり淋しいな、、、、というのが本音です。
だけど誰よりも心の中で葛藤していたのはすみれさんご自身ですもんね。。。


更新お疲れ様でしたm(_ _)m
必ずまたお会いしましょう^^♪
Posted by くじら at 2006年04月15日 01:23
これまでの様々な想い、愛のカタチ、そして今回のすみれさんの判断・・・
とてもよく伝わってまいりました。

すみれさん?
ブログ「恋のお話」とっても素敵なブログでしたよ?
沢山の感動もいただけました。本当に有難うございました。

また、気が向いたらいつでも遊びにいらして下さいね?
春・・・
新たなスタートライン!すみれさんの出された結論を私も応援しています!
Posted by at 2006年04月15日 07:45
すみれさんはじめまして。

いつも遊びに来てはすみれさんの想いに共感し、うんうんと頷きながら、楽しくせつなく読ませていただきました。

すみれさんの気持ち、すごくわかります。

これからちょっと寂しくなりますが、いつかまたお会いできればいいなって思っています。

これからもおふたりのこと応援させてくださいね♪
すみれさん、がんばって〜ヽ(^o^)丿
Posted by tsukiusagi at 2006年04月15日 23:20
すみれちゃんの気持ち、とてもよくわかります。
文才、あります! 笑 ほんとに^^

やさしいすみれ色の風が、いつもおだやかに吹いているようなブログでした。
今までほんとにありがとう。
時が経つ、そして変化する、これは当たり前のこと。変化するから新しい自分に会えるんですよね。
これからもよろしく。
うちにも遊びに来てね♪
(状況としてはビビミョーだけど^_^;まだ続けるつもりなので)
ほんとに、ありがとう×∞
Posted by hibi at 2006年04月16日 08:32
えっと、かなり古いネット友達で埼玉に住んでる
現在33歳になる既婚男性です。
ここにコメントするのは2回目かなぁ。

たまたま本日覗いてみました。
とりあえずかなりの長い間のブログ生活お疲れさんです。
色々あったとは思うけど、ここまで書き続けたブログ自体、すみれのものすごく貴重な財産になったと思う。

ものすごく誇りに思うべきです。大切にすべきです。
長文ってぐだぐだ書かれると、読み飛ばしたくなるもんですが、今回の記事、最初から最後まで心に響きました。
そういう記事、しばしばこのブログに見かけるけます。正直、脳みそが「あき〜〜♪」でラリってる文章は読み飛ばしてますがw
すみれのブログはそういう部分より、しっかり大人の女性として吟味された内容が多かった。
読んでいて共感する部分沢山ありました。
ここを読んで気づき直す部分もありました。ありがとう。

とりあえずの一区切りお疲れさんです。
こうして数年ぶり、数ヶ月ぶりにコメントを入れられるのも、ブログの力ですよね。
改めて、インターネッツってSUGEEEEって思います。
今まで、書き続けていてくれてありがとう。
またひょっこり顔を出せたら嬉しい。
そんな関係を墓場まで持っていけたら楽しそう。
スミレ様の1FANとしてコメントさせて頂きました。

サクラ舞散る美しい季節に、清々しい旅立ちですね♪
幸アレ!!!
Posted by 西村有司 at 2006年04月16日 23:40
すみれさん・・・・、
私的には、悔しいですが・・・すみれさんの決められたこと。
これからも前を向いて歩いていかれること、切に願っております。
お元気で・・・・。
又、いつか・・・PC上で待っております。
Posted by 千花子 at 2006年04月17日 11:53
すみれさん。
以前、いらしてくださったことのある「Under the rose」の三花です。

彼さまとのお休み、ブログのお休み・・・、とても残念に思います。
ですが・・・、いつだって、決めるのは自分ですよね。
これからも、今までがあってこそ・・・だと思いますので、頑張ってください。
お疲れ様でした。
Posted by 三花 at 2006年04月18日 20:19
最初、え?なんで?って思ったけど、
最後まで読んで、とてもよくわかりました。
。。。わかったつもり、です^^

ブログ上のことがすべてじゃないですよね
私も自分に言い聞かせながら記事を書いてたこと、ありました。

でも、やっぱりすみれさんたちは素敵でしたよ。
憧れました^^

これからもお幸せに。
Posted by ぽち at 2006年04月19日 23:22
ものすごくおひさしぶりです。
コメントは、ですけど、たびたびすみれさんを見に来ました。

今回のご決断、良い選択だったのではないでしょうか。

ブログを続けるといううえでは、中傷誹謗は当たり前のものです。
顔が見れない相手だからこそ、自分の名前を偽ってひどいコメントを残されたりとかもします。
それを懸命に防御しても自作自演だと言われたことも私もありました。

でもすみれさんやあきさんが選んだ今回の選択は正しいものだと思います。
もちろん、それが正解かどうかなんて今から解ることですけど。

私はヤプログの頃からすみれさんたちを見てきたのですが、私のしている恋愛とすみれさんのしている恋愛にはなんら変わりが無かったし、ひとつひとつで嬉しそうに走ってゆくすみれさんに、私も彼を愛する気持ちを決して諦めないと勇気を貰ったこともあります。

新しい道はすみれさんにとって色んなものを残していけるものになればいいな、と思います。

またお逢いできますことを心待ちに。
Posted by 蜜柑 at 2006年04月22日 16:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16551385

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。